2015年12月17日

新刊 執筆中!

現在、来年2月発行予定の新刊『悪性新生物』を執筆中です。

締切も近いという事で、昨日から山中湖のログハウスに籠り、最後のスタートダッシュです。
薬学の専門スタッフも参加、熱い議論をしながら、細部を詰めました。

まだまだ、満足できるものではないのですが、今回の意欲的サイエンス読み物としてのクウォリティは達成できていると自負しています。

癌という悪性新生物を鋭く斬りました。乞う、ご期待です。

山中湖の写真







2015年12月08日

日刊ゲンダイに登場しました!

だいぶ更新が滞ってしまいました。

貧乏ヒマなしの典型です。

さて言い訳のあとですが、本日発売された日刊ゲンダイに私の記事が載りました。

「更新サボっておいて、自分の宣伝かい」と御叱りをうけそうですが、この記事でわたくし平林の人となりをお分かり頂けたら嬉しいです。

ご笑読ください。

社長取材記事_日刊ゲンダイ20151209(8日発行)







2015年08月07日

免疫療法 やっと第四の選択肢!?

おはようございます。日本全国連日の猛暑日更新、みなさんお疲れさまです。

体調管理、十分お気を付けください。
さて、昨日の日経夕刊に『がん 免疫療法に脚光』という記事がありました。そして、免疫療法が、手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第四の選択肢と。

私にしてみれば、何を今さらという感があります。すでに2001年4月、東京大学名誉教授 江川滉二先生が『がん治療第四の選択肢』(河出書房新社)を上梓されておられます。
私は光栄にもこの本のプロデュースさせていただきました。

「第四の選択肢」という言葉も、当時江川先生の研究室の研究員だった野口活夫薬学博士が使い始めたのが最初と記憶しています。

いずれにせよ、第四の選択肢としてやっと免疫療法が世に出始めたということでは、喜ぶべきことではあります。

免疫療法がさらに普及、そして患者さんを救う治療法として確立していくことに力を注いでいきます。

第四の選択肢

日経20150806夕刊



ikashism at 09:14|PermalinkComments(0)