2015年08月07日

免疫療法 やっと第四の選択肢!?

おはようございます。日本全国連日の猛暑日更新、みなさんお疲れさまです。

体調管理、十分お気を付けください。
さて、昨日の日経夕刊に『がん 免疫療法に脚光』という記事がありました。そして、免疫療法が、手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第四の選択肢と。

私にしてみれば、何を今さらという感があります。すでに2001年4月、東京大学名誉教授 江川滉二先生が『がん治療第四の選択肢』(河出書房新社)を上梓されておられます。
私は光栄にもこの本のプロデュースさせていただきました。

「第四の選択肢」という言葉も、当時江川先生の研究室の研究員だった野口活夫薬学博士が使い始めたのが最初と記憶しています。

いずれにせよ、第四の選択肢としてやっと免疫療法が世に出始めたということでは、喜ぶべきことではあります。

免疫療法がさらに普及、そして患者さんを救う治療法として確立していくことに力を注いでいきます。

第四の選択肢

日経20150806夕刊



ikashism at 09:14|PermalinkComments(0)

2015年07月30日

人工知能ががん治療???

こんにちは、平林です。
毎日暑いですね。みなさん体調にはくれぐれも気を付けてくださいね。

さて、今朝の日経一面に「がん最適治療 人工知能で・・・」という記事がデカデカと載っています。

多くの人は、「これって凄い、こんな時代になったのか」と感心されたと思います。
がん治療への新な期待を持たれた方もいらっしゃると思います。

ただ、ちょっと考えてみてくださいよ。
この人工知能、だれがプログラミングするのでしょうか?
過去の膨大な治療データに基づいて人工知能が判断するとなっていますが、そのデータをプログラミングする人間に問題があります。

私に言わせれば、いままでのがん治療データではがんは直せないのです。そしてそのデータを盲信している人間がプログラミングすると考えると、逆に怖ろしくさえなります。

プログラミングをする人間を選別するための人工知能を開発するのが先ではないかと、思うくらいです。

ワーッ、すごいと考える前に、いろいろと考えてみるべき問題だと思います。

こんな記事が日経の一面を飾ること自体、おかしなことです。


日経人工知能でがん






ikashism at 09:34|PermalinkComments(1)がん治療 | がん闘病

2015年06月08日

がんとエクソソーム

おはようございます。平林です。

今朝の日本経済新聞に「がんの転移・進行とエクソソームの関係が明らかになりつつある」という記事がでていました。

エクソソームとは、なにやらわけのわからない物質ですが、転移・再発というがん治療の大きな壁を突破する糸口になるような予感がします。

関心のある方は、本日の日経新聞をごらんください。


エクソソーム

ご相談は 患者の集い モミの木まで 03-6821-9961
webページ http://www.momi-noki.jp/index.html


ikashism at 09:30|PermalinkComments(0)がん | がん治療