食事療法

2015年04月20日

食事、きちんと摂っていますか

食欲の春ですね。

わたしは、食べることが大好きです。なんでもよく食べます。

みなさんはどうですか?

よく患者さんやご家族から相談されることに、食事のことがあります。

がんを宣告されると、「好きなものを食べさせてあげてください」と医者がいう台詞がありますよね。

たしかに、余命宣告された患者さんに限られた時間で好きなものを食べさせてあげる。そういうこともありました。

これは現在でもそうかもしれません。

しかし、わたしが言う意味は違います。

がんと闘うためになんでも食べましょう、という意味です。だから好きなもの偏食してどんどん食べましょうという事ではありません。

がんになる原因に偏食があります。がんにならないためになんでもまんべんなく食べることは必要です。がんを宣告されたら、体力をつけるための食事が必要です。

「なんでも食べると、がんまで成長してしまい治療によくない」という話をききますが、それは間違いです。がんとの闘いは長く厳しいものです。抗がん剤などの化学療法は体力がなければ受け続付けられません。

私の畏友、松永先生(メイクリニック院長)は、がんの治療に来られた患者さんに、まず食事のことをみっちり話すそうです。偏食のある方は、極力偏食をなくし、エネルギーになるものをしっかり食べる。巷に溢れる~~療法などというものに惑わされず、まず自分の体力のことを考える。

この先生のお話し、わたしもまったく同感です。

みなさん、しっかり食べてくだっさい。

続きは、また後日。


ご相談は 患者の集い モミの木まで 03-6821-9961
http://www.momi-noki.jp/index.html



ikashism at 10:53|PermalinkComments(0)